Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2018/01/31

子どもとママと毎日ごはん「笑顔で囲む食卓」

(社)日本キッズ食育協会・キッズ食育トレーナーの松野文枝です。

 

子供たちが生まれ、子育てをスタートし、

毎日の食事の支度が始まり、

初めて食の重要さを感じたママも多いと思います。

 

 

食は子どもの身体を作るのに大事なものであると

分かってくると、今度は子どもの食について

不安になりますね。

 

 

 

◆好き嫌い・偏食・小食・大食

◆噛まない

◆遊び食べ

◆座って食べられない

◆好きなものしか食べない・・など

 

 

 

ママたちは不安がいっぱい。

 

更に今は情報社会でもあるので、

あらゆる情報が瞬時に目に飛び込んできます。

 

 

そこからは・・

 

 

◆素敵な料理が作れない

◆料理が下手・美味しくない

◆時間がない・忙しい

◆栄養は?何を食べたらいいの?・・など

 

 

 

一生懸命なママたちは不安で自分を責めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

実際私自身も子どもの食に悩んできた一人ですから、

気持ちはよくわかります。

 

 

悩めるママ達に笑顔が灯りますように・・

今回は子どもの食について一緒に考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

お子様の「食べる」ということはどういうことでしょうか?

 

 

 

食べるという事は、子どもの成長において大切で、

食べることを大事にするという事は、

お子様の心と体が健やかに成長すると共に、

「将来幸せになって欲しい」というお母様たちの

思いを叶える重要な要素となります。

 

 

食べる=生きること

 

 

に直結しているといっても

過言ではありませんね。

 

 

 

でもちょっと待ってくださいね。

 

 

 

ママたちの悩みをみていると・・

子どもが食べないことや、

栄養はどうか?

料理が好きではない など、

「食事」の事だけに偏っていますが、

子どもとママの毎日ごはんって、

「食事」の事だけではない事にお気づきですか?

 

 

食事って、

 

何を食べるのか?

 

 

という事も大事ですが、

 

 

誰と食べるか?

 

 

 

という食を取り巻く環境もとても大切なのです。

 

 

 

 

 

素敵な食事を用意しても、

一人で食べる食卓だったらどうでしょう?

自分に置き換えて考えてみてください。

 

美味しいですか?

 

 

逆に、ご飯とお味噌汁だけだったとしても、

食卓を家族が囲んでいたらどうでしょうか?

 

 

 

 

そこには「会話」という心の栄養素が加わります。

 

 

家族で食卓を囲むという意味は、

同じものを食べ、「美味しいね」を共有し、会話を楽しむ。

食卓ほど家族が素で向き合う場所はないのでは?と

思うほど家族の憩いの場になるでしょう。

 

 

 

そこで交わす会話の中には、

親子を繋ぐヒントがいっぱい隠されています。

そこから子どもたちも「幸福感」を感じ、

心地よさ、愛されている事を知るでしょう。

 

 

でも・・その一方で、

素で向き合う大切な家族の食卓が、

大人が子どもを叱る場所に

なっている場合も多くあります。

 

 

そうなってしまった場合は・・

本来あるべき家族の食卓の意味が

崩れてしまいます。

食べるという事は、大人にとっては

当たり前のことかもしれません。

でも、子どもたちにとっては、

その食べるという事がどういうことなのか?を

家族の食卓を通して学んでいるのです。

 

 

 

子どもとママと毎日ごはんは、

焦らず、まずは笑顔で食卓を囲むことから

始めませんか?

 

 

笑顔というご馳走を

家族で楽しんでください。

 

 

食べることは毎日の事です。

頑張らなくていいのです。

 

 

 

家族全員が食卓を囲めなくても、

せめて揃う家族だけで

食卓を囲むように心がけ、

そこからスタートしてみてください。

 

 

子どもたちの心に寄り添い、

食べる事は大事なことであることを

笑顔の中で学べる環境を作ってくださいね。

 

 

 

子どもたちの将来が

輝くものになるように・・・

私はいつもママ達を応援しています。

 


親子で通えるkawaii cooking salon(熊本市)主宰

青空キッチン熊本校講師

松野 文枝

 

 

(資格/職歴など)

☆キッズ食育トレーナー

☆食育実践プランナー

☆元池坊お茶の水学院料理教室非常勤講師

☆熊本「おやこの広場」スタッフ

 

 

熊本市在住

食の大好きな21歳の娘と食に興味のない14歳の息子2人の母親です。

2人の子どもたちの子育てにおいて、

幼小中高大学受験を経験があり、

幼児教育や英語教育について親子で学ぶ。

現在、教育メーカーにて子育てや教育の相談にのる傍ら、

自分で悩んできた子どもの食を、同じ悩みを持つママ達の

力になりたいと、子どもに特化した食の資格

(社)日本キッズ食育協会のキッズ食育トレーナー資格を取得。

子どものための食育スクール青空キッチン熊本校を

開校しています。

 


◆ブログ  https://ameblo.jp/fu-mu/

◆メールマガジン https://mail.os7.biz/add/Ce7B

facebookも開設しています。


(社)キッズ食育協会について詳しく知りたい方は

HPまで・・http://kids-shokuiku.jp/

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ登録パートナー

pickup