Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

2019/09/30

こころと体を養う Happy親子薬膳~夏の疲れにカモミールティー~

夏も終わり、やっと過ごしやすい季節になりました。秋は運動会などこどもの行事が目白押し。今から張り切って準備をしているお母さんも多いことでしょう。

 

9月は日中はまだ暑い日が続いていますが夕方は少しずつ涼しくなってきました。夏の疲れが出るころです。特に、よく寝ているのに疲れがとれない、などの不眠の症状がみられます。秋は収穫の季節。元気のもとである 穀類、芋類を採って「気」を補いましょう。

 

 

 

さて、秋は草花も暑い季節を乗り越え 実りの季節。キク科のカモミールは秋の種まきにもってこいです。ぜひカモミールと友達になってもらいたいものです。

 

 

 

「カモミール」…和名は加密列(カミツレ)とも呼び、花や葉から抽出したエキスは秋の感想肌、敏感肌に効果的です。アロマテラピーには ジャーマン、ローマンがありますが、カモミールティーで使われるのは ジャーマンのほうです。 カモミールはリンゴのような甘さがあり、ふわっとお花の香りが漂います。イライラ、不安、緊張、疲労を解消してくれるハーブティーとして有名です。

 

 

ピーターラビットのお話にも出てくるカモミールティー。おなかの具合が悪いピーターにおかあさんが優しくカモミールティーを作ってあげるシーンがあるのですが、ご存じですか?

 

ミルクとの相性もよく、眠れない人はぜひ寝る前に お子さんもいっしょに飲んでほしいと思います。安眠、リラックスできるかと思います。
秋の夜長に 絵本を読みながら親子で「カモミールミルクティー」飲んでみませんか?

 

 

 

 

 

 

加藤和歌子 調布市在住。AEAJアロマテラピーアドバイザー、ハンドケアセラピスト、アロマブレンドデザイナー

JAMHA メディカルハーブコーディネーター、薬膳コンシェルジュ、アートクレイシルバーインストラクター

★出産後の体調不良がきっかけで 自然療法の素晴らしさを学び、アロマ&ハーブ、中医学に目覚め、様々なスクールで学ぶ。調布市内の特養でアロマハンドケア、自宅で「アロマ&薬膳食講座」の開催、活動の幅を広げていこうと現在も勉強中。アロマで「香り」を、ハーブで「色」を 薬膳で「食」を、五感で楽しむワークショップを開催中です。

 

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup