Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2019/05/08

子どもがお母さんからなかなか離れないときは・・?

こんにちは。

子育て中のママを全力で応援したい、親業訓練協会公認インストラクターの式場敬子(しきばけいこ)です♪

 

 

今、地域の塾でアルバイトをしているので、その時の出来事です。
教室に入る時、お母さんとなかなか離れられない年長さんの女の子がいました。
お母さんに抱きついています。

 

 

 

 

お母さん「今日は一人でやるっていう約束でしょ?」
女の子(顔をお母さんのコートにうずめている)

 

お母さん「小学校に行ったらママいないのよ。」
女の子(なおもお母さんにしがみつく)

 

お母さん「すぐ下で待っているから」
女の子(私をチラッと見ながらお母さんの足に手を回している)

 

 

私「ちょっと相談しましょうね。」
(教室から廊下に3人で出て)

 

私「(女の子に)お母さんと一緒がいいのかな?」
女の子(目をふせてうなづく感じ)

 

お母さん「すぐ戻るって」
私「(お母さんに)何かご用事があるのですね。」

 

お母さん「えぇ。郵便局に行ってこちらに戻るんです。」
私「そうなんですか。そこの〇〇郵便局ですよね?(塾からすぐ近くの郵便局)」

 

お母さん「そう、そこです。」
私「(女の子に)お母さんがいなくなると不安なのね。」

女の子(上目遣いに私を見るけれど視線はそらさない)

 

私「お母さん、郵便局に行ってからすぐ戻るって。どうしようか・・」
(やっぱりお母さんから離れることができなかったら、それでもいいかな・・・そうなったらお母さんともまた相談すればいいかなと思いつつ、女の子に任せてみることにした)

 

 

すると・・・
女の子はお母さんから離れ、しかもお母さんを自分の手でグッと押しやって、バイバイをしました!
自分からがんばって決心したんですね♪

 

 

その後は振り返りもせずに、潔く(?)教室に入りました

勉強が終わり、お母さんがお迎えにいらした時には
再びお母さんにギュッと抱きつきましたが・・😊

 

 

子どもは不安な気持ちを受け止めてもらえると

もうそこに固執しなくなって、自分から次の行動に移せるようになるのですね。

 

 

この子の小さな背中を見ながら「健気だなぁ・・・」と感動しました。

 

 

♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞
親業訓練協会シニアインストラクター 式 場 敬 子

□心理カウンセラー
□千葉県教育委員会「みんなで取り組む千葉教育会議」委員
□看護ふれあい学ふれあいコミュニケーションリーダー1級
□教師学インストラクター
□アンガーマネジメント キッズインストラクター
千葉県市川市在住。3児の母。
自分を「良い母」とは思えず、自信が持てなかった育児中に出会った「親業」が、自分の人生の指針となりました。
自らの実体験を基に、親も一人の人間として子どもとどう向き合って行くかを、たくさんの方々に講座や講演会を通してお伝えしています。
同時に、あらゆる人間関係においても活かせるコミュニケーションスキルを、様々な場でお伝えしています。
E-Mail: shikiba@oyagyo.jp
ホームページ: www.oyagyo.jp
式場敬子ホームページQRコード↓

facebook twitterも開設しています。
コミュニケーションセミナーなどを開催しています☆
詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.oyagyo.jp/lecture/index.php
☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞
親業について詳しく知りたい方は、協会ホームページをぜひご覧ください。
親業訓練協会HP:www.oyagyo.or.jp

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup