Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2019/04/10

これからのこどもをケアし、支える食卓でのコミュニケーション

春は大人もこどももうきうきする季節ですね。

 

その一方で、新生活のスタートと共に、こどもたちの心が不安定になりやすい時期でもあります。

 

そんな時こそ大切にしたいのが、こどもとのコミュニケーション。

 

今日は食卓で取り入れられる、今の時期にぴったりのコミュニケーション方法をご紹介します。

 

 

 

 

■食卓で「おいしい」を見つけよう!

 

例えば、カレーを食べて「おいしい」と感じたとき、お子さんとどんな会話をしていますか?

 

「おいしいね!」の一言を言い交すのもとってもすてきなのですが、

 

 

 

「できたてでおいしいね!」
「おいしそうな香りがするね」
「アツアツでおいしい!」
「ちょうど良い辛さだね」
「ほっぺたが落ちそう!」

 

 

などと、実は「おいしい」も様々です。

 

この「おいしい!」をお母さんが一歩踏み込んで表現すること。それがこどもとのコミュニケーションに繋がります。

 

お母さんが様々な「おいしい」を伝えてあげることは、こどもの言葉や表現の引き出しを増やし
言葉や食べ物に興味を持つきっかけにもなりますよ!

 

 

 

この時意識すると良いのが「五感で感じることを言葉で表現する」こと。
見た目、香り、温度や食感、味、音、そして感じたことなどを取り入れると、表現の幅が広がります。

 

食感一つをとっても、ほくほく、さくさく、ぱりぱりなど多くのバリエーションがありますね。

 

 

こどもの遊びには、言葉を使って楽しむものが多くあります。

 

言葉の持つ響きやリズムを楽しんだり、言葉の持つ特徴から物事を連想したりなど
言葉と遊び、言葉と戯れながら言葉の感覚を磨いていくこどもたちは、言葉でのやり取りが大好きです。

 

「どんな風においしいかな?!」
と親子で探してみるのも楽しいですよ。

 

 

「何か良いことがあったみたい!」
「今日はちょっと疲れているかな?」
とこどものちょっとした変化も、やり取りの中で気付くことができます。

 

 

 

 

■食卓でのコミュニケーションが育むもの

 

このような食卓でのやり取りは、こどもの心のケアとしても大切ですが、それだけにとどまらず
こどもの感性や観察力を刺激し、思考力や判断力、表現力の基盤を作る側面もあります。

 

実はこの「思考力や判断力、表現力」は、これからのこどもたちにとって大切な鍵となるのです。

 

 

科学の発達や社会の変化で、現代の生活は私たちがこどもの頃とは大きく変わりました。

 

こどもたちが、これからの21世紀の社会を生き抜くために必要な能力を身につけることができるように
学校教育は変化しようとしています。

 

それが「2020年教育改革」です。
(参考:文部科学省HP 教育改革プログラムについて)

 

 

 

 

これからは、私たち親世代が受けてきた、知識を定着させることを優先した教育から
さらに自分で考え、判断し、表現できるようになることが、幼児期から大学までの教育を通して求められるようになってきます。

 

これが前述の「思考力や判断力、表現力」です。

 

 

私たちが受けてきたものとは違う教育、と思うと、どうしたらよいのかわからないかもしれませんが、大丈夫!

 

食事を通して親子でコミュニケーションを取ることが、実はこれから求められる資質を育むことに繋がります。

 

毎日の食卓を利用すれば、忙しい私たちお母さんでも、今すぐ、特別な準備も必要なく
いつもの家庭で取り入れることができますよ。

 

是非楽しみながら、親子で「おいしい!」を見つけてみてくださいね。

 

 

そして親子でのコミュニケーションが、変化する教育の場で、日々頑張っているこどもたちの
心のケアになることを忘れないでください。

 

 

 

 

________________________________________

 

(プロフィール)

 

もとむろあさみ

 

キッズ食育トレーナー/FM大分~みんなでつくる~ままともラジオ(https://mama-no-mama.jp/radio/毎週金曜日16:00~16:25OA)パーソナリティー
大分県大分市で、薪ストーブ会社を営む夫と7歳長女、5歳二女、3歳長男の5人家族。
こどもの好き嫌いをきっかけに、キッズ食育について学ぶ。
キッズ食育スクール青空キッチン明治明野校の開校をはじめ、コープおおいた(http://www.oita.coop/)本部スタッフとしての食育企画、キッズ食育イベントの開催、コラム執筆、大人向け発酵教室など行う。
ママのままプロジェクト(https://mama-no-mama.jp/)ママアンバサダー
大分市子育て支援サイトnaana(https://www.naana-oita.jp/)パートナー

・blog「こどもとの今を楽しむ食卓づくり」https://ameblo.jp/amethyst24ldcolt/entrylist.html
・LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40lgc3206f
・Instagram:asami_motomuro
・(同)大分薪ストーブ:http://oita-makistove.com/

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup