Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

2019/04/03

お子様と一緒に料理をするには・・簡単な事から始めよう!

キッズ食育トレーナーの松野文枝です。

皆様はお子様と一緒にお料理をしたことがありますか?

 

 

お料理を一緒にすると、
何だか大変そうと思われる方も多いと思います。

 

私も最初はそうでした。
でも実際一緒にやってみると、子どもたちにとっての料理は
とても簡単な作業でも満足感いっぱいという事に
気が付きました。

 

お子様との料理の第一歩は、あまり難しく考えず簡単な作業
◆野菜を洗う
◆ちぎる
◆混ぜる
◆型抜き
などから始めてみましょう。

 

そこには好奇心旺盛の子どもたちにとって、
ワクワクするような体験がいっぱい待っています。

 



お子様が食材に出会うチャンス

料理を一緒にすると、
子どもが苦手だと思っている食材に触れることもあります。
それはお子様がその食材に親しむチャンスです。

 

普段の食事をしているだけではわからない、
調理をする前の野菜の形、素材の色やにおいなどを知ることが出来るので、
是非一緒に触れてみましょう。

 

 

一緒に料理をしたら親子で笑顔になった!

私は息子が食べることに興味がなく悩んだことがありました。
どうしたら食べてくれるのかと、
色々なことを試しましたが、いつも失敗していました。

 

でもある日、全部綺麗に食べてくれた日がありました。
「なぜかな?」と考えてみたら、
その料理は息子と一緒に作った料理だったのです。

 

大人から見たら簡単な作業しかしていなかったのですが、
息子にとっては「自分で作った」という位の達成感を感じることができ、
それが「食べてみたい」という気持ちにつながったのだと思いました。

 

もう嬉しくて、親子で笑顔になりました。
今でもその日の事は忘れられない良い思い出です。

 

 

それから、少しずつ料理を一緒にする時間を作っていきました。

 

 

プラスの声かけで楽しむ料理時間

時間に余裕のある休日、
お子様と一緒に料理を楽しんでみてください。

 

一緒に料理をするときは、
「ゆっくりで大丈夫よ~」とプラスの声かけをして、
お子様の頑張っている時間を応援してあげてくださいね。

 

そして一緒に作った料理は、
「美味しいね」と食卓を囲んで一緒にいただきましょう。

 

その時間はきっとお子様にとって、楽しくて幸せな時間になり、
「食べる」という意欲に繋がるかもしれませんよ。

 

お子様と一緒にお料理を簡単な事から取り入れて
楽しんでみてくださいね。

 

 

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆

 

 

松野 文枝(まつの ふみえ)
Kawaii cooking salon主宰
キッズ食育トレーナー/青空キッチン熊本校講師
熊本県熊本市在住
22歳と15歳の子どもの母です。
2人の子どもたちの子育てにおいて、
幼小中高大学受験を経験があり、
幼児教育や英語教育について親子で学ぶ。
現在、大手教育メーカーにて子育てや教育の相談にのる傍ら、
自分が悩んできた子どもの食を、同じ悩みを持つママ達の
力になりたいと、子どもに特化した食の資格
(社)日本キッズ食育協会のキッズ食育トレーナー資格を取得。
子どものための食育スクール青空キッチン熊本校を開講

 

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
◆ブログ   https://ameblo.jp/fu-mu
◆Facebook https://www.facebook.com/fumie.matsuno.9
◆Instagram  mamafumu
◆メールマガジン https://mail.os7.biz/add/Ce7B
◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
(社)キッズ食育協会について詳しく知りたい方は
HPまで・・http://kids-shokuiku.jp/

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup