Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2016/03/12

子どもたちに体験させたいことは、「生活のすべて」

こんにちは。
チャイルド・ファミリーコンサルタントの山本直美です。

冬らしい日々が続いていますね。
先日のように雪が降ったら、都会の交通機関は機能しなくなってしまいます。
皆さん、大丈夫でしたでしょうか?
そうそう。先日の雪。少しおさまった翌日に、
大人も子どもも、雪の感触を楽しめましたか?
絵本で育むプログラム「ウィズブック」で大切にしているのは、
まさに、フィールドワークです。
雪なんて恰好の教材!大人がそんなこと言わなくても、
町行く子どもたちは無心になって楽しんでいましたね。
たとえば、やわらかい雪も、時間が経てば固まります。
そして、解けると水になります。大人にとっては、
目に見えて分かっていることでも、子どもは知らないことばかりです。
言葉と体験がつながるということは、子どもにとって、
とても深いこと。「概念を知る喜び」につながっています。
「奇跡のひと」と言われた、かの有名なヘレンケラーは、
ものの言葉を覚えて、表現することを覚え、勉強が楽しくなりました。
アン・サリヴァン先生がヘレンケラーを水道に連れていき、流れる水に手を手向け、
「water」と言って教えたということはあまりにも有名です。
子どもたちは目が見えているから、
雪は解けるものと分かっている。
雪だるまをどうやって作るかわかっている。
と思っていませんか?
もちろん、答えはNOですよね。
はじめて雪を触り、雪だるまを作って、
翌日、解けて水になっていることに気づき、
水になるということを知る・・・のですよね。

 

私も子供のころ、一生懸命作った雪だるまが、次の日になくなった経験をしました。
翌年、それはすごく嫌だと記憶に残っていたので、
雪だるまを全部冷凍庫に入れました。
毎日毎日、冷凍庫を開け、小さくなっていく雪だるまを見て悲しみました。
冷凍庫もダメだ!って(笑)
「子どもたちに何を体験させたいか?」と聞かれることがありますが、
“生活全般”とお答えします。
あれもやってあげたい!これもやってあげたい!では、
冷蔵庫に食べ物を詰め込んでいる状態になります。
世の中にある楽器をすべて体験させるのは不可能ですし、
世界中、旅をさせるのも不可能です。
だから、私は、それが叶うのは絵本だと思いました。
子どもたちの体験と言葉をどうつなげるかを考えたら、
絵本の世界で深められたら十分だと思ったのです。
「概念」を味わっていく感動。
子どもにとっては毎日が感動ですから、
概念が広がっていくことも、また、感動なのですね。
子どもたちは、感性が磨かれる、
感動する心を持って生まれています。
残念だったな、悲しかったな、と子どもたちなりに
感じていることがたくさんあります。
“概念”が分からないままでいると、感受性が低かったり、
考えない子になっていきます。
「毎日を、ひとつひとつ丁寧に育てていく」ということは、
こういうことなんですね。

 

 

チャイルド・ファミリーコンサルタント
山本直美

 

CFC(チャイルド・ファミリーコンサルタント)山本直美

 

_MG_1042

 

▼NPO子育て学協会のHP
http://kosodategaku.jp/

 

▼NPO子育て学協会メールマガジンでは子育てが楽に、
楽しめるアドバイスをお届けしています。
http://kosodategaku.jp/mailmagazine

この執筆者の他の記事

教育・学び

直観で未来を創造!②

2016/01/03

  こんにちは!ママハピ関西 統括マネージャー 泉 智子です。   前回の記事では簡単に自己紹介と、私が起業するきっかけ... 続きを読む

教育・学び

直観で未来を創造!①

2015/12/09

  はじめまして!泉 智子と申します。   まずは自己紹介もかねて、私の働き方と子育て観ついて少しずつご紹介させていただ... 続きを読む

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup