Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

生活・お金2017/03/22

ママは世界で1番のお医者さん 〜『家族で楽しく育菌活動!』のお話〜

こんにちは。

予防医學ドクター、歯科医師の井手です。

 

今日は「家族で楽しく育菌活動!」のお話です。

 

最近の日本人はとても綺麗好き。

 

電車の中など公共の施設には「抗菌」の文字。
スーパーに行っても、除菌グッズや消臭グッズがたくさん置いてあります。

 

 

 

 

菌は悪いものとして扱われることが多いですが、私達は菌と助け合いながら生きていることを知っていますか?

 

私達の身体の中にも、常在菌と呼ばれる菌がたくさんいて、様々な働きを果たしてくれています。

 

腸内に住む常在菌は腸内細菌とよばれ、ビタミンを作り出したり、病原体の侵入を防いだり、免疫を強化してくれたりしています。

 

また、皮膚の表面にも常在菌が存在していて、バランスを保つことで皮膚を健康に保ってくれています。

 

そんな大切な働きをしてくれる菌。

 

お口の中にもたくさんの菌がいます。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中は無菌状態で、育つ過程で様々な菌に触れて菌を取り入れていきます。

 

大切な我が子をむし歯にしたくない!と思うママ達が心配することが、「食事の時に自分のむし歯をうつすのではないか」ということ。

 

 

 

 

ママ達の我が子を思う気持ちは本当に素敵です。

 

ですが、そのためにストレスを抱えてしまうのはもったいないかなと感じます。
「さっき、私が使ったスプーンを子供がなめてしまった・・・」

 

「キスするとこどもにむし歯菌をうつしちゃうかも・・・」

 

そんな声をよく聞きます。

 

ですが一緒に生活していると、どうしても菌はうつるもの。

 

そう割り切って、「自分もお口のケアをしっかりする」

 

そんな選択肢もあるのです。
また、予防先進国スウェーデンでは乳酸菌等の善玉菌を摂取して「理想的な菌を育てる」育菌活動も予防の柱となっています。

乳酸菌をお口から摂取して、善玉菌を育てていく。
安心・安全な予防方法です。

 

そんな予防も利用して、大切なお子さんとの触れ合いを大切にされてくださいね。

 

 

 

 

家族みんなでお口のケア、楽しく「育菌活動」されてください。

 

 

 

 

むし歯にならないための新しい予防法、
「フッ素を使わない新しい歯質強化プログラム」にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。
info@idea-dental.com

 

次回は「舐め回しの効果」のお話です。
どうぞお楽しみに!

 

 

 

井手真理(Mari Ide)

井出

 

イデアデンタルクリニック 院長
http://www.idea-dental.com
(社)国際予防医學推進協会 代表理事
http://ihp-japan.or.jp/

 

・香川県出身、東京都在住
・1児のママ
・旅行と読書が大好き
◆「こども歯みがきレッスン」 好評開催中
◆無料メール講座http://www.idea-dental.com

 

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup