Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

美・ファッション2016/12/09

ママのキレイと健康  ~「温活」してみませんか?~

こんにちは
リンパ講師 リンパケアサロンLahiLahi(ラヒラヒ)セラピストの若林悦子です。

 

日が短くなり急に寒くなりましたね。都内では54年ぶりに11月に積雪したそうで、私のところも横浜市内ですがうっすらと雪が積もりました。
雪遊びできるほどではなかったので子供たちはがっかりしてましたが、大きな影響がなくてよかったです。あっという間に日常に戻り、ホッとしました。

 

急に冷え込むようになり、首肩に違和感を感じてサロンに来店される方がこのところ増えてきました。皆さんは首肩の調子はいかがでしょうか?
外気が冷えてくると、身体は内臓の機能が落ちないよう熱を中心部に集めます。
すると外気に近いところの表面の筋肉が冷えて硬くなり痛みや違和感を感じやすくなります。
温かい季節は肩こり首こりの自覚がないのに、冬は凝っていて痛みを感じやすいのはそのためです。
冷えて硬く痛いところは血流が悪く、リンパの流れも滞りがちといえます。

 

 

グラフィックス1

 

 

「温活」してみませんか?
温活という言葉聞いたことありますか?身体を日頃から温めて、健康維持の意識を高める活動です。冷え性や低体温をあきらめるのではなく、温活することで冷え性改善や平熱を上げて、快適に健康に過ごせる身体になれたらいいですよね。
冷え性はむくみ・たるみ・生理痛・不妊・不育・痩せにくくなる・免疫力が下がるなどに繋がります。

 

具体的にどんなことをするかといいますと、

 

● 下腹部・お尻の仙骨のところを温める。
使い捨てカイロや湯たんぽなどで温めると効果的ですし、腹巻もよいですね。

 

● 冷えにくい食事を心がける。
夏野菜は控えめに。ショウガなどの温める効果のある食材をプラスしてみる。
甘いものは控えめに。

 

● 筋力をつける
筋肉には運動機能・姿勢の保持などのほかに、保温機能もあるんです!!!
ハードな運動よりも適度な運動(ラジオ体操やストレッチ・ヨガ・フラダンスなど)
柔軟な筋肉が維持できると、体温保持やケガの予防にもなるのでおすすめです。

 

 

日常生活に取り入れやすいことから少しずつでよいので、「温活」を取り入れてキレイで元気なママでいてくださいね。
また、頑張りすぎはストレスになります。ストレスも実は身体を冷やしますのでお気を付けください。

 

グラフィックス2

 

若林悦子
(社)日本リンパ協会認定講師・リンパケアサロンLahiLahi(ラヒラヒ)セラピスト
神奈川県横浜市在住 2児の母
http://ameblo.jp/ew-lahilahi/

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

教育・学び

直観で未来を創造!②

2016/01/03

  こんにちは!ママハピ関西 統括マネージャー 泉 智子です。   前回の記事では簡単に自己紹介と、私が起業するきっかけ... 続きを読む

教育・学び

直観で未来を創造!①

2015/12/09

  はじめまして!泉 智子と申します。   まずは自己紹介もかねて、私の働き方と子育て観ついて少しずつご紹介させていただ... 続きを読む

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup