サロン情報

受付終了江戸川2015/08/19 10:15

【江戸川】さんすうを絵で楽しむ!考える力を伸ばす夏休みさんすう体験

【江戸川】さんすうを絵で楽しむ!考える力を伸ばす夏休みさんすう体験

江戸川サロンが贈る「夏休み特別企画第2弾」

年長さん~小学校3年生の親子を対象にさんすう体験教室を開催します。

11794136_783809155069395_7049610588301138994_o mamahapi

さんすうが苦手なお子さまでも、文章問題のことばを真っ白な画用紙に絵で描いて、

楽しみながら解く力を身につけていくことが体験できます。

 

さんすうを絵で楽しむ!考える力を伸ばす夏休みさんすう体験

 

ママハピ江戸川主宰者の1人でもある図形と文章問題に特化した算数教室を運営している山森朝子が講師を担当。

今回の講座はこんな方に向いています。

 

●計算はできるけど、文章問題が苦手な子。

●足し算?掛け算?と聞いてくる子。

●すぐ「わからな~い」という子。

●そもそも算数が嫌いな子。

●算数が好きでもっと楽しみたい子

●早く早くと、つい言ってしまうお母さん。

●考える力をつけてほしいと思っているお母さん。

●どう教えたら良いかわからないお母さん。

 

とはいっても体験のときだけ できてもしょうがないですよね。

体験講座では、子ども達が実際に問題を解いていく体験とともに、

親子の悩みを解消するヒントもお伝えしていきますのでご自宅でも活用できます。

 

さんすう嫌いだったお子さまが「もう一問やる!」とみずから楽しんでさんすうをとく子になったら嬉しいですよね。

指示があるまで動かない子ではなく、自分で考えて行動する子に育ってほしいものです。

 

0から1を生みだす子を育てるさんすう教室が体験できます。

日時は8月19日 10時15分からです。

 

これまで体験した保護者様の声を一部ご紹介します。

●計算は、人並みにできます。

が、文章問題となると適当に数を組み合わせて式を作ることがしばしば。

そんな息子に、「どうにか本当に理解をして問題を解いてもらいたい」

そう思っていた時に、体験を知りました。

問題用紙を与えて、ただ「解きなさい」だと、拒否反応を示す息子。

でも、「絵を描こうね」というと、お絵描きの延長で取り組め、

「間違えたらどうしよう」などの不安が少なかったようです。

何よりも「楽しくお絵描きしよう」という雰囲気が教室にはありました。

勉強とは本来楽しいものなんだなあ、

子どもは、こんなふうに勉強するのが一番自然だなあと思いました。

 

●問題は文章がとても面白味のあるものです。

単純そうで、複雑。読解力が必要だと思いました。

従来の算数とは違ったものを感じて、難しいことは分からないけど

単純に面白いと感じました。

娘は体験へ行くと、すぐやってみたいと言って今はとても楽しそうに教室に通っています。

好きなことの一つに入っているようで、嬉しい限りです。

授業が終わり、帰り道では、「今日はこんな問題をした、何問やった」と話してくれます。

問題を読むのが、まるで絵本を読んでいるような感じのようです。

 

【講師】

プロフィール用写真40kb

あさこ先生の算数教室

山森朝子

(どんぐり倶楽部マスター講師、幼児さんすうインストラクター)

10年以上ピアノを教える中で、考えない子が増えていること、

また、考える場や環境も少ないことを痛感。

転勤を機に、自らの失敗と経験を活かして算数教室をはじめる。

ゼロからイチを生み出せる子の育成、

親子ともストレスのない学習を目指し活動中。

開催日時2015年08月19日 10時15分
開催地 船堀 勤労福祉会館 3F 和室第2
江戸川区船堀4丁目2番5号
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_kinroufukushi/guide.html
講師名 山森朝子
定員数 6人
受講料 2,500円
託児の有無 託児無し
補足 ※お申込み時の備考欄に、お子様の性別と学年のご記入をお願いいたします。
※日時は、8月19日 10時15分からです。終了予定は11時45分となります。
※連絡なしのキャンセルはご遠慮ください。  お問合せ・当日の連絡先070-6479-0213
※参加にはお一人ずつ会員登録・お申込をお願いいたします。
※時間通りに始められますよう、ご協力お願いいたします。
※お子様連れOKの企画ですが、託児サポートがないので、保護者様は目を離さずけが・事故のないようお気をつけてくださいませ。
(泣き声はBGMと思ってお互いあたたかく見守りましょう!)

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup