Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2016/08/12

「子どもの困った行動」 やる気をつぶさずに、注意するには?

初めまして、こんにちは。
ママのためのお役立ち情報記事を書かせていただくことになりました、松丸飛鳥です。

 

子どものこころのコーチング協会のインストラクターと、
アドラー心理学をベースとして、親子関係セミナーSMILEのリーダ、ELM勇気づけ講座トレーナーをしています。

 

実生活では、3歳・8歳の娘を持つ現役ママです。
「正しい子育て」ではなく「子どものこころに安心感と信頼関係を築く子育て」を目指しています。
どうぞよろしくお願いします!

 

 

【子どもが約束を破った時】

 

これは我が家で実際にあった出来事です。
次女の保育園のお迎えから帰ると、長女が夕飯を作って待っていてくれたことがありました。

 

 

①

 

 

お肉を焼いたのと、お弁当用冷食のたらこパスタです(*^-^*)
長女は貢献感の強い子で、みんなのために何かをすることが好きなのです。
こうしてご飯を作ってくれることもよくあります。

 

でもね、本当は約束していたんです。
ママのいない時に火を使ってはいけないという事を。

 

ありがとう、でもさ、約束してるよね。
火事になったらどうするの?
なんで約束守れないの?

 

こんな風に言ってしまう事ってありませんか?
以前の私は、こんな風に言ってしまう事がよくありました。

 

何で?!どうして?!
と言われた子供は責められていると感じて、自分の気持ちを話せなかったり、
どうせ怒られると感じたり、あまりいい効果はないんです。

 

 

【何で?よりも、その行動の「目的」を考えてみる】

 

せっかくみんなのためを思って作ったのに、いきなり怒られては、次のやる気が失せてしまいます。

 

なによ!せっかく喜ぶと思ったのに。もう作らない!

 

こんな風に言われて、親としては、そんなつもりじゃないのに…
心配だから言ったのに…、と言う気持ちになりますよね。

 

 

②

 

 

こんな展開、以前の我が家ではよくありました。
「心配だから」と伝えているけれど、その思いは子どもにはなかなか伝わりにくいものです。

 

 

【子どもの行動にはプラスの目的がある】

 

一見「困った」と感じる子どもの行動にも、実は子どもなりのプラス『目的』があります。

 

なんのために・なにがしたくて・約束を破ってしまったのか?

 

目的に注目してみると、ママの視点も変わります。
例えば、娘が守らなかった「火を使わない」という約束。

 

これは『何のために?』を考えてみると、決してママを困らせようとか、わざとやったなどのマイナスな目的ではなく、
『みんなのためにご飯を作りたい!』という、プラスの目的があったことが考えられました。

 

娘にはまず、みんなのために夕飯を用意してくれたことと、感謝の気持ちとを伝えました。

 

そうすると、娘は満面の笑み。
「ママが疲れてると思ったから、お料理しておいたの!」と。

 

「そうだったんだね、ありがとう」とお礼を言ったところで、約束していたことを切り出しました。

 

 

③

 

 

危険なこと。
約束を守ってもらいたいこと。

 

子どもの行動の目的に目を向けてみると、そこには子どもなりの善意があったり、チャレンジがあったり、そのほとんどが「良い行い」だという事に気づきます。
決して、ママを困らせることが目的ではないんですよね。

 

お子さんの『行動の目的』に目を向けた声掛け、ぜひお試しください(^-^)

 

 

ブログプロフィール写真

こんにちは。

子どものこころのコーチング協会インストラクターで、褒めるでも叱るでもない、勇気づけの育児実践中の松丸飛鳥です。

3歳・8歳の子どもを育児中の現役ママです。

 

今、育児が辛いと感じているママ。

または、もっと子どもとの関係を良くしたいと思っているママ。

ちょっとしたコツで育児はグンと楽になります。

 

楽になると、気持ちに余裕が生まれ、子どもと過ごす時間を楽しめるようになり、ママも子どもも笑顔が増える良い循環が出来ます。

その最初の一歩を踏み出してみませんか。

もう一人で悩まないで大丈夫、一緒に考えていきましょう。

何を話してもOK、安心・安全な場所を作ってお待ちしています。

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

どものこころのコーチング協会 インストラクターブログ

アドラー心理学親子関係セミナーSMILEリーダー/ELM勇気づけトレーナー

 

ブログ:http://ameblo.jp/nomunomu-pine/

フェイスブック:https://www.facebook.com/asuka.nomura.142

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

 

 

 

 

この執筆者の他の記事

教育・学び

直観で未来を創造!②

2016/01/03

  こんにちは!ママハピ関西 統括マネージャー 泉 智子です。   前回の記事では簡単に自己紹介と、私が起業するきっかけ... 続きを読む

教育・学び

直観で未来を創造!①

2015/12/09

  はじめまして!泉 智子と申します。   まずは自己紹介もかねて、私の働き方と子育て観ついて少しずつご紹介させていただ... 続きを読む

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup