Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2017/11/11

『上の子に優しく接してあげられなくって・・』「なんで私はかまってあげたいの?」

「下の子が生まれたら、よりいっそう上の子にかまってあげなさい。」

育児書(当時は育児書が頼り!)にも書いてあったし、母やお姑さんにもそう言われた記憶があります。

だから、下の子が産まれてからは、私は必死で上の子にかまって、声をかけていました。

今思えば、張り詰めた笑顔で、使命感と悲愴感・・?

とにかく、休む間などない必死の毎日、自分も泣きたくなる気持ちを抑えて、ただただ頑張って育児をしていた記憶があります。

今思えば、そんなに必死にならなくってもよかったのに・・・(その時は必死だったのよね;;)

 

でも、ガマンをしていると、いつかは張り詰めていた気持ちが膨らんでバクハツしてしまいます。

上の子に優しくなるどころか、自分のストレスがいつしか上の子に向いて行き、そしてそんな自分を責めて・・

上の子が甘えてきても、素直に応じられない自分に、いつも「ごめんね・・」と、罪悪感をもっていました。

 

 

 

講演会などで出会うママ達の質問の中にも

「上の子へなかなか優しく接してあげられなくて・・」というお声がよくあります。

 

私は

上の子に対して「かまってあげたいのに、なかなかできなくって・・」という思いをもっていることが、大事なことなのだと思います。

「上の子を気にしている私なのである」ということを認めて行くこと。

そこがスタートです。

 

 

 

次に、「かまってあげたいのはなぜなのか?」

これも大切な自分の思いです。

好きだから?

大切だから?

寂しい思いをしているのではと心配だから?

自分の気持ちに気がついたら、それをそのまま表現することもできることの一つです。

 

言葉をまだ十分に理解できない小さなお子さんでも

お母さんの表情、声のトーン、雰囲気から、何かを感じているはずです。

 

自分の気持ちを正直に表現してみることで

自分の中の気持ちの変化にも気づくことがあるかもしれません。

 

私は昔(そう、むか~し むか~し)まだ幼かった長女に

「いつもガマンしているんだよね?抱っこしてあげたいけれど、(下の子を)おんぶしたままあなたを抱っこすると、地面にぐりぐりっと沈み込んでいく感じなのよね~」と言ったことがありました。

長女は(2歳だったかな?)「がまん」「ぐりぐり」と言葉をくり返していましたが、イヤそうな表情ではありませんでした。

 

あれもこれもやってあげたいけれど

ママの体は一つ。全部はできません。

 

言葉かけなら出来るとしたら

その子への自分の思いを言葉にのせてみることは、私達が日常の中でできることなのかもしれません。

 

上の子が

下の子の面倒をみたとき

「ママがんばって」「ママだいじょうぶ?」と気づかってくれたとき

側にいて温かみを感じたとき

自分の中にわき上がる嬉しい気持ち、ほのぼのとした気持ちも、いつでも表現することができます。

 

一緒に成長をして行って

兄弟姉妹が仲良くしているところを見るのは

本当に嬉しく、幸せな気持ちになりますね♪

 

 

※「イライラ」を「ニコニコ」に変える子育てのコツ

~「話す」「聞く」コミュニケーションセミナー~は

11/12(日)、11/16(木)、11/20(月)の3回行います☆(内容は3日間ともほぼ同じです)

詳細はこちらをご覧下さい↓

http://www.oyagyo.jp/lecture/index.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡

 

親業訓練協会シニアインストラクター 式 場 敬 子

 □心理カウンセラー

□千葉県教育委員会「みんなで取り組む千葉教育会議」委員

□看護ふれあい学ふれあいコミュニケーションリーダー1

教師学インストラクター

アンガーマネジメント キッズインストラクター

 

千葉県市川市在住。3児の母。

自分を「良い母」とは思えず、自信が持てなかった育児中に出会った「親業」が、自分の人生の指針となりました。

自らの実体験を基に、親も一人の人間として子どもとどう向き合って行くかを、たくさんの親達に講座や講演会を通してお伝えしています。

同時に、あらゆる人間関係においても活かせるコミュニケーションスキルを、様々な場でお伝えしています。

 

E-Mail:      shikiba@oyagyo.jp

ホームページ: www.oyagyo.jp

式場敬子ホームページQRコード→

facebook twitterも開設しています。

 

☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞

親業について詳しく知りたい方は、協会ホームページをぜひご覧ください。

親業訓練協会HP:www.oyagyo.or.jp

▼親業の過去の記事

『子どもが病気になることを恐れるワタシ』「恐れる気持ちを持ちながらもできること☆」

『夜泣き対応のパパ修行をやってみた』「奥様から『つらい』と言われて気づいたからこそ」

『うちの子、強くってすみません・・』「親がそう言いたいのはどんな思いがあるからなの?」

出かけたいけど早く帰りたい!親は帰宅してからが忙しいのよ~

楽しい夏休み 恐怖の夏休み さてどっち?

『どこに行くかでもめたときは、「なぜ行きたいのか」を考えよう』  ~「夏休み、行きたいところで家族の意見がバラバラに・・さぁどうしよう・・」~

子どもに優しくなりたいすべての人に

『イクメンは妻への感謝やねぎらいの言葉があってこそ?』 ~『手伝って』に代わる自分の思いの伝え方~

「こうしなさい!」から「わたし」を伝えることに変えるとこんなにも変化が! ~ある学習塾での実際の事例をいくつかご紹介します♪~

そんなに神経質にならなくても・・っ言われても・・自分の気持ちをつかむだけで何かが変わる☆

自分で考えて行動する子にしたい!知っておきたい「自主性」と「主体性」の違い

「私の心の状態を整えるには・・☆」~バタバタの日常の中でもできること~

叱る前にできる事

「春だ~♪ さぁ!片付けるぞぉ~!みんな手伝って~!(本当に手伝ってくれるのかな?私だけ空回りしないためにできることって・・?)」

日常の中のほんの1分。誰にでもできる効果的な声かけがあります☆ ~『ただいま~』『おかえり~』のあとには・・?~

子どもの困った行動を減らすために何ができる?!

待ったなしの子育てライブ中だからできること☆ ~自分を変える小さな魔法☆は子どもの置いていったものから~

“夫婦は人生の相棒” ~10年後も理解し合う関係のために~

きょうだい。上の子との時間を楽しもう

子育てしているあなたを幸せに。  あなたは、一人の大切なあなたです。

「好き」を仕事にする人が大切にしたいこと<より良い両立のヒント①

夫にわかってほしいのは『気持ち』なのよ~!

自分の親になかなか優しくなれなくって・・

うちの子はこういうタイプ!と思ってしまうのはなぜ?

残りの夏休み、子育てを快適に過ごすヒント

夏のイライラを吹き飛ばす魔法のコトバ

子どもは十分に甘えていますか?

家に帰りたくない、帰れない!「帰宅拒否症」から見えるもの

子どもの自ら育つ力

イライラガミガミママから「さよなら」できる!

遊び×育つ

PTAは是か非か!結論の出ないPTAについてちょっと考えてみた

コトが起きる前に子どもに伝えておく秘訣☆~バタバタの朝だと大変!なんでもない時間を有効活用♪

自立心を育てる「しつけ」

「考え方のクセ」を治して、クヨクヨしない私になろう!

「イライラ」している時は、自分の気持ちを知るチャンス☆私って何がイヤなんだろう・・?

子どもの「考える力」は、日常のこんな一コマから☆(「くつ下がな~い!」編)

子育てをしながら自分を大切にするヒント

元ガミガミママ、今、親教育の専門家が伝える「親にとって大切なこと」

予防注射で大泣き!さぁどうする?!

 

ママハピ年間スポンサー

ママイデア

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ登録パートナー

pickup