Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

働く2018/02/05

小企業でもできる働き方改革:ママハピの事例

 

小企業にもできた「働き方改革」ということで、今回は僭越ながら、

ママハピの事例についてご紹介します。

 

言い方はよくないかもしれませんが、「ママさんは正直活用しづらい」と話す

企業経営者はまだまだ多いのが実態と感じています。

ママ支援をしているママハピですら、経営側としては非常に悩んだ時期も多々ありました。

 

ですが、弊社も過去の価値観を捨て、2017年後半から色々な取り組みをしました。

 

◆業務のやり方や資料を見直し

◆仕事の可視化、情報を一元化

◆それを元にスタッフ人数を増やし、週3-4回、10時から16時時短社員

のジョブシェア形式に変更

◆意思をもって時間外の業務は原則しない(時間内での成果追求)

 

などに取り組みました。

 

 

 

上記で該当求人も募集したところ、小さい会社であるにもかかわらず、

「時短のやりがいあるオフィスワークがない」と困っていた主婦さんの応募が

2日で30人以上あり、結果的に普通は採用できないキャリアやマインドのママ社員

が入社してくれ、今までで最も運営もうまく回りはじめました。

 

 

中小ベンチャー経営者さんで「大手じゃないし予算がないから」ですとか、

大手事業部長さんでも「うちは特別な業界職種だから」とおっしゃる方も多いですが、

私たちは上司・経営者が変わることで女性を経営にプラスに活用できるんだと

実感値をもてました。「人を責めるな、仕組みを責めろ」です。

 

 

もちろん個社事情はあると思うのですが、採用が困っていく時代だからこそ、

いつか、とか、うちは特別だから、と言わずに、ぜひできる1歩から始めてみて

頂ければ数年後に大きな差になると思います。

 

自社にあった施策を、ぜひ模索してみてはいかがでしょうか?

私たちもまだまだ模索中ですが、引き続き改善していきたいと思っています。

 

 

2018年2月 ママハピ事務局

この執筆者の他の記事

生活・お金

ママに嬉しい時短術<お買い物>

2017/03/21

やるべきことがいっぱいで忙しい子育てママ。特にお出かけしての買い物は 時間も手間もかかり荷物が重いとさらに大変。 今回は、ママに嬉しい時短買... 続きを読む

ママハピ年間スポンサー

ママイデア

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ登録パートナー

pickup