Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2017/02/14

子育て中、周りの目が気になってしまう事、ありませんか?

育児で悩むママのこころを軽くする、子育てカウンセラーの松丸飛鳥です(*^-^*)

 

本当は叱らなくてもいいかな…と思う場面だけど、周りの目が気になって子どもを叱ってしまう事はありませんか?

 

例えば、講演でのおもちゃの取り合いや、子ども同士の喧嘩や、暴言など。
先日、沢山のママの集まる場所で娘たちが喧嘩を始めました。
そして長女が「次女ちゃんなんて捨てちゃえばいい!」と言ったんです。

 

沢山のママも見ている中でのこと。
「もう、そんなこと言わないの!」
「本当に困っちゃうわ」なんて言いたくなっちゃいますよね。

 

 

 

 

でも、これを子どもの目線で考えてみるとどうでしょう。

 

●大勢の人の前で怒られた
●「困った子」と言われた などなど。

 

子どもに「暴言は言わないでほしい」という思いはありますよね。

 

「もう、そんなこと言わないの!」
「本当に困っちゃうわ」と言ったとして、子どもには何が伝わるかな?
子どもは何を感じて、何を受け取るかな?ということをちょっと考えてみませんか(^-^)

 

みんなの前で怒られた!
ママは私の気持ちを分かってくれない!と思うかもしれません。

 

親が子供を怒ったり叱ったりする時、案外、伝わっていないことが多いって言われています
「やめて」「ダメ!」だけではママの思いは伝わらないですよね。

 

***

 

「子どもの暴言」には、子どもなりの理由があります。
(だからと言って、暴言大歓迎!という訳ではないですよ^^)

 

大勢の前での子どもの暴言はその場で「何言ってるの!」と止めたくなりますが、
まずは、子どもの話を聞いてみましょう。
子どもの話をじっくり聞くと、その暴言を使った背景を知ることが出来ます。

 

「そうだったんだね」と共感して聞くことで、子どもは “分かってもらえた”と安心できるんですね。

 

 

 

 

そして、「もう、そんなこと言わないの!」「本当に困っちゃうわ」と言いたくなる時。
そんな時は子どもの目線ではなく、大人の目線になっていないかな?とちょっと立ち止まってみるといいかもしれません。

 

周りの目が気になって、、、という思いがあったら、自分のこころの声を聴いてみましょう。

 

「乱暴な言葉を使うと将来が心配」
「周りのママに、きちんと子育てしていないと思われる」
「ダメなママって思われるのがイヤ…」
こんな思いが出てくることもあるかもしれません。

 

まずはママ自身が自分のこころの声を聴くことも大切にしてほしいなと思います。
どんな思いもOK。

 

 

 

 

そっか、私は周りのママ達の反応がきになってるんだなぁ
そんな風に、自分ののこころのつぶやきに共感して寄り添ってみて下さいね。
不思議だけど、自分の思いに気づくと、気持も落ち着いて、その場の感情だけで怒ることが減ってきます(^-^)

 

でも、私もそんな風に言っちゃう時があります(^^;
そんな時は後から、子どもに謝るようにしています。

 

「さっきはあんな言い方をしちゃってごめんね」
「あなたは~~な気持ちだったんだよね」

 

たった1回の失敗で、子どもとの信頼関係は崩れません。大丈夫。
そんな風に考えていたら、息がつまっちゃいますよね。
それこそ、がんじがらめの子育てになって、ママのイライラも増えて悪循環になってしまうので^^

 

怒ってばっかり。
本当は怒るのをやめたいんだけどな。
色々やってみても、なかなか上手くいかないな。と感じていたら、
子育てを学んでみるのも、おすすめです。
色んな視点を持つことが出来て、楽しいですよ(*^-^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

松丸

こんにちは。

子どものこころのコーチング協会インストラクターで、褒めるでも叱るでもない、勇気づけの育児実践中の松丸飛鳥です。

3歳・8歳の子どもを育児中の現役ママです。

 

今、育児が辛いと感じているママ。

または、もっと子どもとの関係を良くしたいと思っているママ。

ちょっとしたコツで育児はグンと楽になります。

 

楽になると、気持ちに余裕が生まれ、子どもと過ごす時間を楽しめるようになり、ママも子どもも笑顔が増える良い循環が出来ます。

その最初の一歩を踏み出してみませんか。

もう一人で悩まないで大丈夫、一緒に考えていきましょう。

何を話してもOK、安心・安全な場所を作ってお待ちしています。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
子どものこころのコーチング協会 インストラクター
ヒューマンギルド認定 SMILE(スマイル)リーダー/ELM勇気づけトレーナーブログ
松丸飛鳥
ブログ:http://ameblo.jp/nomunomu-pine
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

 

 

 

▼過去の記事

「学校に行きたくない!」夫と意見が分かれる時はどうしてる?

「だから言ったでしょ!」子どもが失敗した時にかける言葉は?

子どもが泣いて帰ってきたら、励ますよりも〇〇〇〇!

子どもが「ごめんなさい」を言わないとき、どうしています?

子どもに安心感を与えるかかわり方ってどんなこと? 意外とやってしまっているかも?!子どもとの信頼関係を下げる声かけ

イヤイヤ期のグズグズ「これ買って~!」とひっくり返って大泣き

自分の失敗を受け入れられますか? 自分の失敗にもダメ出しではなく、共感を♪

子どもの「宿題をやりたくない!」本当の訳を知っていますか?

子どもを怒っちゃう時があっても大丈夫。怒らないことを意識するよりも、まずは自分自身に共感♪

子どもの機嫌が悪い時は、注目しない方が上手くいく!

夏休みの宿題が終わらなくてイライラしてしまうママへ

「子どもの困った行動」 やる気をつぶさずに、注意するには?

 

 

 

 

 

ママハピ年間スポンサー

ママイデア

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ登録パートナー

pickup