Women's Journal(ウィメンズジャーナル)詳細

子育て2016/02/01

愛されママのコミュニケーション術vol.4 あなたのコミュニケーションはどっちのタイプ?

 

こんにちは。カウンセラーの仲居恵美です。
さて、前回は男性脳と女性脳は「すでに作りからして違うのですよ」というお話をしたのですが、

覚えていますか?

 

 

でも、男性だからといって「男性脳」だけではないし、女性だからといって「女性脳」しかないわけではありません。
バランスよく持っているのが一番なのですが、でこぼこがあるのが「人間」です。
大事なのは「男性脳」と「女性脳」は違うという事を知っておくことと

自分や身近な人はどっちが強いのかを知っておくこと。

 

a0001_014412_m

 

男性脳と女性脳の特徴は大きくわけると以下のようになります。
あなたや家族はどっち派ですか?

 

 

男性脳                女性脳
理論的に特化した考える脳       感覚やイメージに特化した感じる脳
一点集中               同時進行
信頼できるものに心動かされる     共感できるものに心動かされる
スペックやエビデンスにこだわる    イメージや使用感にこだわる
求めるのは「商品説明」        求めるのは「わたしが使うとしたら?」
結果にこだわる            過程にこだわる
家を買う時の主導・決定権       リフォームするときの主導・決定権
お気に入りは内緒にする        お気に入りは口コミする
★ストレスが溜まると
一人にして欲しい           誰かに話して発散したい
★問題が起きたら
解決策が欲しい            共感して聞いてほしい

 

OKサインを出す女の子

 

女性脳の強い人は幸せホルモンと呼ばれる「セトロニン」を多く分泌する「癒し型」で

男性脳の強い人はワクワクホルモンと呼ばれるドーパミンを出すことが得意な「突っ走り型」。

 

 

なんども言いますが、違いがあるだけで「どちらがエライ」ということではありませんよ。
コミュニケーションで大事なのは「違いを知って受け入れる」ことと「バランス」なのです。

 

 

 

3つの「いくじ」から子育て女性をサポート

スマイル・マルシェhttp://e7smilemi.jimdo.com/

仲居 恵美

 

サイズS

 

 

▼過去の記事

愛されママのコミュニケーション術vol.3 男性脳と女性脳のコミュニケーションの特徴

愛されママのコミュニケーション術vol.2 コミュニケーションの基本を押さえよう!

愛されママのコミュニケーション ご機嫌をしっかり作りましょう

この執筆者の他の記事

教育・学び

直観で未来を創造!②

2016/01/03

  こんにちは!ママハピ関西 統括マネージャー 泉 智子です。   前回の記事では簡単に自己紹介と、私が起業するきっかけ... 続きを読む

教育・学び

直観で未来を創造!①

2015/12/09

  はじめまして!泉 智子と申します。   まずは自己紹介もかねて、私の働き方と子育て観ついて少しずつご紹介させていただ... 続きを読む

ママハピ年間スポンサー

ママハピ地域サロン

Women's Journal(ウィメンズジャーナル)ランキング

ママハピ 公式Facebookページ

ママハピ LINE

ママハピ 公式インスタグラム

ママハピ登録パートナー

pickup